紫外線

【日焼け対策】老化現象の原因は紫外線にあった!

皆様こんにちは(#^.^#)

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

本日はもうすぐ夏間近!ということもあって紫外線をテーマに徹底解明をしていこうと思います。

こんな方に読んでほしい
❏お肌の老化現象の原因を追究していきたい
❏日焼け止めの種類を詳しく知りたい
❏しっかり紫外線の対策をしたい

 

紫外線は百害あって一利なし?

ビタミンDを生成する役割や殺菌効果を除くと皮膚に害を与えてしまう。

ただし、70代以上の高齢になると骨形成などが弱くなることから、15分ほど日光浴をするといいです。

それらを除けば肌の老化現象のうちのおよそ80%が紫外線がもたらす光老化が原因と言われています。
その他に日照時間が多いと火ぶくれが起きるサンバーン、皮膚がんなどをもたらすこともあります。

また紫外線は皮膚を乾燥させ、40代以降から回復が遅くなります。

紫外線が肌に対して与える影響

大きく分けて二つあります。

1. メラニンの産生を促進させ、肌を黒化させる
2. 光老化によってシワや乾燥を形成する

 

紫外線には3種類ある
UV-A、UV-B、UV-Cの3種類あり、それぞれ波長の長さが異なることにより、人にもたらす影響もそれぞれ違います。

 

UV-A
表皮を通過し、奥底にある真皮内の細胞に影響を与える。
特に真皮内のコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるため肌のハリや弾力を奪う。
主な肌被害:一時的に肌を黒くさせ、後に色素沈着を起こしシミとなる。
コラーゲンやエラスチンを破壊する。

 

UV-B
表皮でほとんど散乱吸収するが、UV-Aよりも皮膚に対する刺激が強く日光火傷などの炎症を引き起こす。
またメラノサイトの働きを活発化し、皮膚を黒化したり、シミを生成したりする。
日照時間が長いと火ぶくれをはじめとする炎症を起こすため、皮膚がんの原因とも言われる。
主な肌被害サンバーンで肌に炎症を起こし、UV-Aと同じく後に色素沈着になる。
皮が向け、熱を持ち肌荒れを起こす。

 

UV-C
オゾン層で吸収されるため地上にはほとんど届きません。

光老化を進めるのはUV-A

光老化は肌色が黒くゴワゴワとした感触となり深いシワが寄り、特徴的な菱形のシワを生成します。
またUV-Aは別名「長波紫外線」とも呼ばれ、 全紫外線の90%もの割合を占めています。
UV-Aはエネルギー自体は弱いのですがガラスや衣類も通過し、じわじわと肌へ悪影響を及ぼす厄介者です。

SPF値について

UV-Bをカットする効果をSun Protection Factor、略してSPF値と表されます。
SPF値は日焼けで肌が赤くなる(サンバーン)までの時間を何倍に延ばすか、ということを測定して決められています。

SPF1を素肌の状態とし、SPF20はその20倍日焼けを起こさないという見方をするが、紫外線の強い時間帯や日照時間を考慮しても、
数値が大きければ良いというものではないと研究され、2000年1月よりSPF50を上限とされました。
また、50以上あるものは「SPF50+」という表記に統一されました。

一般的に日常の紫外線レベルでSPF15~20程度、海やBBQなどのレジャーではSPF30~50程度が望ましいです。

SPF値のトリビア

❏塗布量が少ないと、SPF50でも実質SPF3ほどの効力に激減する
せっかく高いSPF値のものを買っても「勿体無い」という理由で少ししか塗布しない、というようなことをしてしまっては逆効果に。
しっかりその製品の仕様量を守って対策しましょう。

 

❏SPFの数値はシミやシワを直接的に防ぐ効果を表すものではない
実は日焼け止めでどのくらいシミやシワを防げるのかは不明です。
それはシミやシワが長年かけて出来上がり、また個人差で大きく異なるため測定不能と言われてためです。実は日焼け止めでどのくらいシミやシワを防げるのかは不明です。

 

❏肌老化は2分後に起きている
平均的に日本人は真夏の日差し下で15~20分ほどでサンバーンを起こすといわれ、2分後にはコラーゲンを破壊する酵素の遺伝子が誘導されるという
報告があります。
このことから、紫外線を浴びるとサンバーンよりも先に肌老化が始まることがわかります。

 

❏日焼け止めでシミやシワを防げるかわからない?
「どのくらいの量でこれくらいまでの肌老化を防げます」といったことが前述した通り、データが無いためわからないのが現状です。
できることは、極力長時間紫外線を浴びない、しっかり紫外線対策を行うことに尽きます。

 

❏SPF15以上から効果はほとんど変わらない
SPF15の日焼け止めは紫外線を94%カットし、SPF30の日焼け止めは97%カットします。
94%も97%も大差ないですが、6%もの紫外線を通過するのものか、その半分の3%の通過で留めるのかでそこまで重く考えるより、値段や着け心地などで最終的に決めるのではないでしょうか。したがって、SPF15以上から効果はほとんど変わらないと言えるでしょう。

PAとは

UV-Aでできる即時型黒化までの時間をどれくらい延ばすかを表すもので、Protection Grade of UVAの略です。
何も塗布していない素肌と、塗布している部位を比較して即時型黒化を起こすまでの時間を何倍まで延ばすことができるかを測定します。

測定方法はSPFを同様です。

PA+→2~4倍「効果がある」
PA++→4~8倍「かなり効果がある」
PA+++→8倍以上「非常に効果がある」

 

紫外線を防止する成分

一般的に販売されている日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の二つを含むものがあります。
敏感肌用や子ども用には紫外線散乱剤のみの「ノンケミカル」「吸収剤フリー」と表示されたものもあります。

 

日焼け止めだけでは対策はできていない

日焼け止め以外に、パウダーファンデーション、日傘、帽子、手袋を活用するのが望ましいです。

顔にはパウダーファンデーションがお勧め
パウダーファンデーションには「タルク」や「酸化チタン」など一種の紫外線散乱剤を含むためムラなく塗ることがポイントです。
リキッドやクリームタイプのファンデーションよりも、パウダーファンデーションの方が密度が高いため、顔の紫外線対策には日焼け止めよりも刺激が低い、
パウダーファンデーションをしっかり施すのがお勧めです。

ビタミンCのサプリを服用するなら

サプリを使用するなら、日焼け前にビタミンCのサプリを内服しておくことがお勧めです。
日焼け後に慌てて服用してもあまり予防効果を期待することはできません。

もっとも紫外線が強くなる時間帯

11時~15時の間はもっとも紫外線が強く出ると言われています。
その時間帯に外出する機会がありましたらしっかり紫外線対策を心掛けることが望ましいです。

 

紫外線が与える有害な作用

大きく分けて急性と慢性の二種類に大分類されます。

すぐに症状が出る

サンバーン
日焼けで赤くなること。原因はUV-Bによるもので、紫外線を受けた部分は赤く腫れ熱を持ち、ひどい場合は水泡ができます。
紫外線を受けてから8時間~12時間でピークに達し、炎症は数日間にわたり続きます。
このタイプの日焼けはDNAの損傷も伴うため、繰り返し行うと最悪皮膚がんの原因になります。

 

サンタン
日焼けで肌が黒くなること。UV-AとUV-Bの両方によるもので、紫外線を浴びてから3日後くらいからメラニン産生が始まり、場合によっては1か月以上続くこともあります。
生成されたメラニン色素はターンオーバーと共に数か月掛けて排泄されていきますが、加齢による新陳代謝の低下や上手くターンオーバーができないと排泄しきれずシミとなります。
また、繰り返すとメラノサイトの数が徐々増えることから肌が黒くなりやすく、シミ以外にもホクロができることもあります。

 

光線過敏性皮膚炎
わずかな日光に当たっただけで、皮膚に湿疹や蕁麻疹などの症状が出てしまう。
原としては生まれつき、内臓疾患によって起こる、薬剤が原因、原因不明と多岐にわたります。

 

時間をかけて症状が出る

光老化(ひかりろうか)

❏シワ
外線は皮膚の中のコラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を産生し、シワの原因を生成します。

わずか2分間の日差しで「シワのもと」となる要素を生み出し、シミよりシワの方がすぐに出来始めます。

❏シミ
頬骨のあたりを中心に出現することが多く、初期はボヤっとしていますが次第に濃くはっきりとしてきます。

繰り返し日に当たる、シミができるというサイクルを繰り返すと、黒くなりやすくシミができやすい体質になります。

 

赤ら顔
紫外線によって皮膚の毛細血管が増えて赤ら顔になることがあります。

 

その他
紫外線は免疫抑制作用があり、照射後10日間免疫担当細胞のランゲルハンス細胞の機能が低下することがわかりました。
そのため、日焼けをすると風邪をひきやすくなる、ヘルペスが出たりすることがあります。

 

まとめ

紫外線は3種類に分類され、その中でも肌の表面に炎症を及ぼすものと、肌の奥の細胞を破壊し老化肌へ導くものの二つが存在することがわかりました。
紫外線に一切当たらないことは日常生活の中で不可能に近いと考えられるので、まずは紫外線がどのような作用をもたらすのかを知り、しっかり対策をしていきたいですね。
蓄積されたダメージが後になって出てくることがあることから、年齢に関係なく対策を心掛けることが望ましいです。
ただ、レジャー先などで過敏になり過ぎて楽しみが半減してしまっては考えものです。
しっかり対策をしてからしっかり楽しむことが大切です。
是非夏を楽しんでいきましょう。

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

【老化が止まらない】「しわ」ができる3つの最大原因

 老化現象の代表!「しわ」の原因と対策について

 

皆様こんにちは(#^.^#)

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

本日はふと鏡を見ると驚きとショックを隠せない、「しわ」についてフォーカスをあてていきたいと思います。

最近は私も含めスマホで調べものをしている時など気付けば長時間下を向いた角度でいることが多々あります。この姿勢は「しわ」ができる要因の一つとも言われていますが、無意識にやってしまう己が憎くて仕方ありません!

結果口元に薄っすらと「しわ」が浮かび上がってくる始末・・・。本日はそんな老け顔作りに欠かせない「しわ」ができる原因についていくつか上げてみました。

 

その①肌の老化の一番の原因は紫外線

肌の老化の原因の80%以上は紫外線が原因です。もちろんこれはしわを作る原因でもあります。紫外線は実はA波とB波とC波と3種類あります。その中でも私たちの身体へダメージを与えるのは主にA波とB波です。

恐ろしいUV-A波、UV-B波
❏このA波B波が肌の中にある潤いやハリを保たせてくれているコラーゲンとエラスチンに影響を与えます。
❏コラーゲンがベッドのマットレスだとしたら、エラスチンはベッドの中のスプリングの役割。ベッドに乗ると弾力がありますね。
A波B波はこのスプリング(弾力)の部分を破壊していきます。
❏破壊された後ベッドに横になると、弾力がなくてマットレスに体が沈んでいくイメージ。お肌にハリがなくなります。

 

日光(紫外線)に当たるのは何時がいいの?

紫外線はビタミンDを生成するので日光に全く当たらないというのも危険です。紫外線がもっとも強く出ている午前11時から午後3時を避けて、お出掛けするのがベターです。

 

その②糖分の取り過ぎでGLYCOSYLATION(グライコサイレーション)が起こる

糖分をとりすぎると、糖分がタンパク質をベタベタとしてくっつきやすいテープのような状態にしていしまいます。これを英語でGlycosylation( グライコサイレーション)といいます。
テープの接着面をっくっつけて筋が入ったイメージをして下さい。肌の表面にもそのようなしわができるのです。

身近にある糖質を思い浮かべる
糖分は砂糖や甘いお菓子だけではなくて、

❏お米、麺類、パン類などの炭水化物

❏日本酒、ビールなどのアルコール類
❏果物類全般

など様々な食材に含まれます。

 

その③たばこ

煙草を吸うと、体内にあるビタミンCを大量に使います。

ビタミンCの重要な働き

❏ビタミンCの働きはコラーゲンを生成、再生するのにとても大切な成分です。

喫煙はビタミンCを大量に使ってしまうので、コラーゲンの再生ができなくなり、だんだんと「しわ」が増えていくのです。

私も以前は喫煙者でしたが、妊娠を機にタバコを止めたらみるみるお肌の調子が良くなりました。タバコは百害あって一利なしは本当でしたね・・・。

まとめ

肌老化の代表的ものの一つ、「しわ」の3大原因はこれです。

紫外線  肌の老化の80%以上は紫外線からの害だといわれています。
糖分過多 グライコサイレーションを起こして「しわ」を引き起こします。
たばこ  ビタミンCを体内で使うのでコラーゲンの再生ができにくくなり、「しわ」につながります。

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

 

【老け顔!ほうれい線】お肌のハリを支える「エラスチン」 最終章

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

本日も、引き続き美肌に欠かせない、「エラスチン」についてのお話をしていきます☆

前回の記事はこちら👇👇👇

お肌のハリを支える「エラスチン」てなぁに??その②

 

❏こんな方に読んでほしい

・「エラスチン」て聞いたことはあるけれど、もう少し深堀して知りたい

・最近の「しわ」や「たるみ」といった肌老化の原因を、しっかり知って対策を取りたい

 

ハリや弾力を保つ役割

エラスチンは、皮膚の真皮と呼ばれる部分にコラーゲンとともに存在し、肌にハリや弾力を与える役割をしています人間の皮膚は大きく分けて、表面から順に表皮・真皮・皮下組織の3層から構成されています。 エラスチンが多く存在する真皮は、クッションのように肌のハリや弾力を保っています。

真皮層の中のつくり

真皮の厚さは0.5~2mm程で、主にたんぱく質繊維であるコラーゲンとエラスチン、水分を保持しているヒアルロン酸などのムコ多糖類によって構成されています。

真皮全体の約70%を占めるコラーゲンが網の目のように張り巡らされており、その網の目部分を結び付けるように支えているのがエラスチンです。
エラスチンは真皮全体の約5%程しか含まれていませんが、コラーゲン同士を結び付け、肌を内側から支える重要な働きをしています。

 

水を弾くようなお肌はエラスチンがしっかり役割を果たしている

真皮のエラスチン繊維とコラーゲン繊維による網目状の構造がしっかりとしていることと、その間を埋めているヒアルロン酸が十分な水分を保持していることによって、肌のハリや弾力が保たれます。

 

エラスチンがダメージを受け続けると・・・

しわやたるみは、体内で発生する活性酸素によってエラスチン繊維やコラーゲン繊維がダメージを受けることが原因となり発生します。真皮で活性酸素が発生すると、エラスチン繊維やコラーゲン繊維が切れたり、複雑に絡み合ったり、余分に生成されてしまうことで繊維構造のバランスが崩れます。バランスが崩れると皮膚の土台が崩れ、ハリや弾力が失われしわが生まれます。
また、エラスチン繊維やコラーゲン繊維が弾力を失うことによって、皮膚や脂肪が顔の筋肉や骨に吸着する力が落ち、下がった皮膚や脂肪がたるみとなって現れます。

 

 

まとめ

以上、3回に分けて、「エラスチン」についてのお話をさせていただきました。

しわやたるみを防ぐには、繊維構造のバランスを崩す原因となる活性酸素の発生を防ぐだけでなく、真皮の主な構成成分であるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸を不足させないよう、しっかりと補うことが大切であるといわれています。

「エラスチン」の減少は20代半ばから始まり、40代を迎えると、よりハリ・弾力不足でほうれい線やたるみが深刻化していきます。お肌のハリを保つためには普段の食事内容や、サプリメントで補う、外的要因では紫外線対策や喫煙を控えるなどの行動で少しでも軽減、老化を遅らせることへと繋がると思います。

老化現象に密接に関係している「エラスチン」を少しでも理解しておくと、対策できることが多くなると思います。

 

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪