東洋医学

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その③~

皆様こんにちわ♪

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです☆

今回も、前回のつづき、東洋医学シリーズ最終章です♪

前回の記事はこちら👇👇👇

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その②~

 

「気・血・水」のバランスとお肌の密接な関係

お肌ができあがるまでの働き

「気・血・水」がそれぞれのバランスが乱れてくると、具体的にお肌にはどのような影響が出てくるのでしょうか。

まず、私たちのお肌はどのようにして作り上げられてきているのかを知ることが大切です。

 

お肌の始まりは「母細胞」から

始まりは角質層(かくしつそう)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)の下にある「基底層(きていそう)」にいる「母細胞」が血液から栄養と酸素を受け取り双子の「娘細胞」を作り出す事から始まります。

双子の細胞一個はそのまま基底細胞として留まり、後に死んでいく「母細胞」の代わりを担う準備に入ります。

 

もう一方の「娘細胞」は・・・

もう一個は、組織液から成長するために栄養を摂取しながら有棘層、顆粒層と押し上げられていきます。顆粒層まで辿り着くまで約14日間、その後死んだ細胞として強靭な身体の壁になる事ができます。死んだ細胞は角質細胞となり更に上へ上へと押し上げられ、14日間で垢となって剥がれ落ちます。約28日の期間をかけて役割を終えるのです。

この一連の働きを「ターンオーバー」といいます。

 

 

「気・血・水」バランスの大切さ

 

上記の一連の営みに絶対的に欠かせないのが「気・血・水」となります。

「気」が不足すると細胞の代謝リズムが乱れるため角化周期(ターンオーバー)が不安定になります。
「血」が不足すると母細胞は栄養不足、酸欠状態となり、そもそも新しい細胞を生み出す事もできません。
「水」が不足すると母細胞から新しい細胞が生まれても、その後の成長に必要な栄養が不足するため未成熟な皮膚細胞として成長します。

 

現代女性に多く見られるトラブル

現代女性に多く見られる、過度なダイエットなどによる偏食から「血虚」冷えや浮腫みによるリンパの流れの悪化からくる「水毒」ストレスや生活習慣の乱れによる「気滞」などの変化が、お肌のトラブルに繋がります。「気・血・水」は、お互いに影響し合いながらバランスを取っています。

 

ひとつが乱れると、あらゆる箇所に影響が及ぼします。

例えば、「気」に異常が生じると、心に影響を及ぼし、「血」や「水」の流れも乱すことも多いのです。

 

まとめ

三回に渡り、「東洋医学とお肌の関係性」についてお話させていただきました。

「お肌は内臓の鏡」と言われるほど、内臓機能のトラブルとお肌のトラブルは非常に密接した関係性です。大人になってからの肌トラブルは、思春期の時に出てきた一過性の肌トラブルと訳が違います。例えば20代後半頃から、生理が近づいてくると突然アゴ周りに吹き出物が出てくる方が多々いらっしゃいます。これは生理前のお肌がホルモンバランスの関係で乱れ、肌荒れを起こしているケースや、子宮が冷えて通常の働きができていない時などもアゴ周りに吹き出物が出てしまうこともあります。このように、子宮(内臓)トラブル=肌トラブルに鏡のように繋がっているケースはほとんど当てはまります。少しだけ東洋医学に興味を持っていただくと、これまで外側だけのケアしか行っていなかったことが、内側のケアを行うきっかけに繋がることを願っています。

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

 

 

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その②~

皆様こんにちわ♪

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです☆

今回は前回のつづき、東洋医学でよく出てくる「気・血・水」についての内容です♪

そもそも東洋医学ってなんだ?という方はまずこちらの記事を読んでみてね☆👇👇👇

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その①~

 

「気・血・水」はどういったものなのか

「気」について

イライラするのは「気滞(きたい)」しているから?!

「気」がスムーズに流れていると、健康な状態ですが、逆に「気」が流れずに滞ってしまうと、「気滞」という状態となり、上手く発散をしてあげないとオーバーヒート状態となり落ち着きがない、イライラする、寝る直前まで脳が活性化し寝つきが悪く、寝不足に陥ることなどの現象が起きます。まさに「気が立っている」状態です。

なんだか最近落ち込みやすいのは「気虚(ききょ)」状態だから?!

「気」が体内から不足してしまうと、「気虚」という状況となりネガティブに考えたり、無気力、やる気もなにも沸いてこなくなってしまいます。また、低体温や新陳代謝が低下し太りやすくなり、免疫力の低下へと繋がります。見た目もどんどん劣化することから、誰にも会いたくなくなり、家に籠りがちになり、ネガティブ思考に陥る悪循環が始まる可能性も大いに考えられます。さらに、この「気」はストレスの多い現代に生きる私たちに、不足しがちだともいわれています。

 

「血」について

 

ドロドロ血液は「於血(おけつ)」?!

普段の蓄積されたストレス、疲れ、暴飲暴食、運動不足、寝不足といった不摂生で作り上げられた体は老廃物を排泄出来ない汚れた体質に成り代わってしまっています。この血液が汚れてドロドロの血液になる状態を「於血」と東洋医学界では表現します。

 

顔だけじゃなく全身カサカサで貧血体質は「血虚(けっきょ)」?!

疲れ、ストレス、冷えなどから来る新陳代謝の低下で体が常にエネルギー不足状態。栄養を各内臓機能に届けてくれる「血」自体が不足しているため、栄養を取り入れ老廃物を流し出す働きが低下してしまいがちに・・・。血行不良のため体力低下も起き虚弱体質なタイプに方に多いです。

 

「水」について

血液以外の体内にある水分のことで、体液、リンパ液、涙、尿、汗などを指し、消化や排泄作用に影響を及ぼします。臓器をスムーズに働かせるための潤滑油のような作用もあります。

 

水が体内に滞ると「水毒(すいどく)」状態に・・・

「水」が体内を巡らず滞ってしまうと、代謝が悪くなって体内に不必要な水分が溜まってしまいます。その結果、むくんだり、手足や内臓が冷えたり、気だるくなったりしてしまいます。セルライトが多く蓄積したタイプはまさにこれに当てはまります。

 

逆に水が体内で不足してしまうと「陰虚(いんきょ)」状態となる

逆に体内に水が不足し乾くと体内に必要な水分がないために各機能が誤作動を起こします。体内に熱が発生し手足は火照りますが、上半身はのぼせやすい症状が出ます。更年期の症状はまさにこの体質に当てはまります。水分不足のため常に体全体が乾いた状態になりがちです。お肌がカサカサ、小じわが目立つ、髪もパサパサ状態であれば「陰虚」状態になっているかもしれません。

 

まとめ

これらの「気・血・水」が不足なくスムーズに体内を巡っているのがベストな状態です。どれかひとつでも支障が生じていたら、「なんだか調子が悪い」という不健康状態に陥ってしまいます((+_+))

私たちの体は普段何気ないところでストレスを溜め込み、無意識な頑張りや無理が蓄積されて身体は上記のような「SOS」のサインを出していることが多々あります。

一度じっくりご自分の身体と向き合い、しっかり休ませてあげることが、健康美容への近道だと思っています。

 

次回はこの「気・血・水」の働きとお肌の密接な関係に関してのお話をしていきたいと思います♪👇👇👇

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その③~

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

 

 

 

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その①~

皆様こんにちわ♪

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです☆

本日はヒト幹細胞が西洋医学なら、漢方などで知られている東洋医学のお話にピックアップしていきたいと思います♪

東洋医学は、私たちがテーマにしている、インナーケア、インナービューティーとも深く関わりを持っている内容です☆

 

 

東洋医学とは、

 

数千年におよぶ統計学から確立された臨床的医学です。

「気・血・水」をベースに患者さんの自覚症状や症候を重視して治療を行うことによって、

「冷え」や「於血(古血が滞ること)」などの病態に着眼し治療を行うことによって心身ともに健やかにしていくのが目的とされています。

それに対し、西洋医学は解剖学や生理学をベースに発達した医学となり、科学的検査により細胞・遺伝子レベルで病因を分析します。

肌荒れの原因に、東洋医学が得意とする自律神経の乱れや、内分泌系が深く関わってきます。

「血・気・水」のバランスが整うと、体内環境が良くなり、それがお肌や髪の毛など外部に影響を及ぼします。どれかひとつでも不足したり、滞ったりすれば、お肌はもちろん、いろいろなところに不調が生じます。

 

次回は、「気・血・水」について、更に詳しくお話していきたいと思います☆👇👇👇

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その②~

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪