皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のAnneです 😉

今日は外国人にとして、日本に来たら驚いたことをお話ししたいと思います。

 

日本に来て、最初一年と三ヶ月間日本語学校で勉強していました。そこで色んな国の友達ができ、様々な文化と交流し、例えば韓国、ネパール、タイ、インドネシア、ベトナムなど、こういうのは以前の私にとって想像できないグローバルな経験です。

その以外、アルバイトを通して徐々に日本の生活に慣れてきましたが、日本と台湾の習慣はやはり違うので、ビックリしたことを紹介したいと思います。

 

日本の賃貸住宅はほとんど家具がついてない

日本に引っ越しする時にベッド、冷蔵庫、洗濯機、照明の運ぶのは大変ですね。台湾の賃貸はほとんどベッド、冷蔵庫、洗濯機、照明だけではなく、ソファー、テレビ、ケーブルテレビもついてあります。

 

日本はお店の閉店時間が早すぎる!!!

みんなさんの知る通り、台湾で一番有名なのは夜市です。晩ご飯を食べ終わったら家族一緒に夜市に行くのは娯楽です。台北駅前の三越(日本にある銀座三越が台北にもあります。)を例として金曜日、土曜日の閉店時間は夜10時です。そうすれば、サラリーマンの仕事が終わったら百貨店に行く時間も余裕があります。

 

テストの時の採点方法は真逆?!

台湾でテストの結果が出たとき、逆に〇を代表するのは不正解、☑マークを代表するのは正解です。日本語学校で初めて見た時、本当にビックリしました。満点を貰った時、先生はお花(花丸)を書いてくれたのも驚きました。

 

トイレの便座に座る習慣がなかったのに・・・

台湾の公衆便所はほとんど和式便器ですが、私の場合は洋式便器があっても座ることではなく屈むことになります。日本に来たら暖かくてキレイな温水洗浄便座がどこでも設置してあるので、便座に座るのは習慣になりました。

 

日本では牛丼屋、ラーメン屋で女性の一人客はほとんど見ない

台湾の外食文化は非常に一般的なため、男性でも女性でも一人で入店することが当たり前です。日本でたまに一人で牛丼屋さんにご飯を食べる時、自分以外のお客様はみんな男性で違和感を覚えたことを未だに記憶に残っています。

 

ラーメン、ご飯と餃子の定食内容はどのお店もオリジナリティが無い!

台湾にこの三種類の食べ物は基本的にどれも主食です。つまり、一種類を頼んだら、普通は他のお惣菜とスープを頼みます。日本ではこれら全てがセットになっていることが多いですね。私からしたら量的に絶対食べきれないので驚きました。

 

他にも、ビックリしたことはたくさんあると思います。

文化の違いを感じる事が、海外移住の醍醐味です。

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less+5more

帰るわ。あの日の青春肌に

Anneでした 😉