成長因子

注目のエイジングケア成分!EGFの魅力

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

本日はヒト幹細胞培養液と同じく話題になっているエイジングケア成分、EGFにスポットライトを当ててみます♪

「聞いたことはあるけど具体的にどんな成分かはそこまで知らない・・・」

といった方々にお贈りします 🙄 

 

■話題のエイジングケア成分EGFのお話

EGFとノーベル賞の意外な関係

アメリカの生理学者スタンリー・コーエン博士とイタリアの神経学者リータ・レーヴィ=モンタルチーニ博士が、

1986年に神経成長因子および、上皮細胞成長因子(EGF)の発見の功績でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。これによりEGFの知名度が上がりました。

EGFの特徴と効果

①EGFとは、「上皮細胞増殖(成長)因子」のことです。

EGFは、人の表皮にある53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成されるペプチドで、人の唾液や母乳などに含まれる成分です。

つまり、EGFはもともと人が持っている成分なのです。EGFは、上皮細胞にある上皮成長因子受容体(EGFR)と結びついて新しい細胞を作ったり、増やすなどの作用から、皮膚の再生医療の分野で注目されていました。

②化粧品成分としてのEGFの効果

EGFが化粧品成分として世に出たのは2005年です。また、EGFは高価なエイジングケア化粧品成分の1つです。

EGFで期待できる効果

・コラーゲンやエラスチンの生成をサポートしほうれい線やシワを予防
・乾燥肌を改善してお肌のキメを整える
・健やかな角質を導き肌のハリやツヤをもたらす
・ターンオーバーの促進でシミやくすみを予防

などの肌老化や肌悩みへの効果が期待されます。

 

成分表記には「ヒトオリゴペプチド」と記載

EGFは化粧品成分表には「ヒトオリゴペプチド」といった表記がされていますので、是非皆様ご自身の愛用化粧品の成分表を確認してみてください♪

ClearSkinDropの成分表にはEFGが入ってます♪

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

ヒト幹細胞と成長因子(グロスファクター)

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

本日は、「ヒト幹細胞」と「成長因子(グロースファクター)」についてお話していこうと思います☆

幹細胞を勉強していくと沢山の疑問の壁にぶち当たりますが、その中の一つ。この二つがごちゃまぜになってしまっている方々が散見されます。

 

【もう一度おさらい!】ヒト幹細胞・ヒト幹細胞培養液とは

ヒト幹細胞は・・・
自分のコピーを作れる自己複製能」と、細胞の足りないのところへ分裂して必要な細胞に切り替わる「分化能力」を持っている非常に優れた細胞です。

 

ヒト幹細胞培養液は・・・
その幹細胞を培養する際に培養液に浸すと、細胞分裂をしながら増殖する際に「生理活性物質(タンパク質)」を沢山出します。
そのタンパク質エキスが沢山入った液体がヒト幹細胞培養液です。
この中には100、200種類以上(それだけの数の成長因子)の私たちに必要な生理活性物質が含まれていると言われており、幹細胞移植と同等の再生作用が期待できるそうです。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらへ👇👇👇

そもそも、幹細胞って何?

 

成長因子(グロスファクター)とは

単体だと細胞活性化のみだよん♪

 

 

またの名をよく耳にするサイトカインとも言いますが、特定の細胞に働きかけ、細胞の増殖や分化を促す、身体の中にあるタンパク質の総称です。

別名として「細胞増殖因子」などとも呼ばれます。お肌への効果として、肌細胞を活性化させ、くすみ、しみ、しわなどの肌トラブルが改善されます。

そして、成長因子の種類によって、効果・効能の作用が異なるのも特徴的です。

 

 

そのふたつの違いは?

幹細胞培養液は生理活性物質が複合的にミクスチャーされているため、再生作用の期待ができる。

対して成長因子(グロスファクター)は単体では組織(臓器)を活発にすることが出来るが、組織の再生はできません。

 

幹細胞培養液(生理活性物質のミクスチャー)は再生作用に期待できる

 

成長因子(グロスファクター)単体だと組織活発はできても、再生作用はできない

この辺りを切り分けて考えると混乱しません♪

 

まとめ

「ヒト幹細胞培養液」や、「成長因子」「グロースファクター」「サイトカイン」など、必ずこれらの言葉が出現してきますが、それぞれの意味合いや同じ意味として存在していることなどをまず整理する必要があります。
メーカーや専門のサイトなどによって言葉の使い方が異なってくるので、頭の中でこんがらがってしまう方も多くいらっしゃいます。
そして、それぞれの違いや特徴的な働きを知っておくと、これらの言葉にぶつかっても整理しながら読み進められます。

また、ヒト幹細胞コスメの成分表示を見ると、いずれもEGF、FGFなどが含まれますが、単体として含まれているのか、またはヒト幹細胞培養液にプラスして更に単体として含まれているのか、というような違いを分かっていると、化粧品を選ぶ基準の参考になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪