健康

【インナーケア】日光のチカラで骨と歯の健康を作るビタミンD

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のAnneです 😎

前日弊社のまゆまゆから【紫外線対策】老化現象の原因は紫外線にあったという投稿で、紫外線は皮膚に害を与えてしまうことがありますが、ビタミンDを生成する役割や殺菌効果もあることが分かりました。

今回は大切な骨と歯の健康を保ってくれるビタミンDを紹介させて頂きたいと思います。

 

ビタミンDとは

ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。食べ物から摂る紫外線を浴びることによって私たちの肌でも作られるビタミンです。

 

一日の目安は

一日中の摂取推奨量に関して、15歳以上の男性と女性両方とも5.5µgです。
大体100グラムのしらす干しに含まれています。

 

ビタミンDの役割

ビタミンDは小腸でカルシウムとリンの吸収を促進し、血液中のカルシウム濃度を高くします。
それで、カルシウムが骨や歯に付着し、骨や歯が形成されます。
いくらカルシウムを摂取しても、ビタミンDが不足している場合は体内への吸収率が下がります。

カルシウムは筋肉の収縮や神経伝達に重要な役目ですが、体内の正常に機能するには 血液中のカルシウム濃度を維持することが必要です。
⇒⇒そのバランスを維持してくれるのがビタミンDです。

 

ビタミンDが不足してしまうと・・・

成人の場合は骨量が減り、骨軟化症や骨粗鬆症になります。
特に 妊婦や高齢者は欠乏に注意が必要です。
成長期の子供ではくる病という病気を起こす原因になります。

骨粗鬆症に気を付けてね

骨粗鬆症に気を付けてね!

 

紫外線をどれくらい浴びればいいのか

ビタミンDを摂るためには、1日に15~20分程度、外で散歩した方が良いといわれます。
肌に日焼け止めを塗らず、素肌のままにしましょう。どうしても日焼けが嫌なら、手のひらだけでも効果があります。 

外出ができなかったら、室内でも構いません。注意ポイントは窓ガラスは合成に必要な紫外線を通さないので、室内で日光に当たる場合は、必ず窓を開けてください。

窓を開けましょう!

窓を開けましょう!

 

どんな食品に多く含まれているのか

動物性食品ではサバやまぐろなどの魚に含まれています。
特にいわし、さんま、鮭などには豊富です。植物性食品ではきのこ類に豊富に含まれています。

まだ、カルシウムとビタミンDを同時に摂ることでカルシウムの吸収率が上がり、骨を強くするので、調理する時は乳製品などカルシウムが豊富な食品と組み合わせるのがお勧めです。

 

まとめ

ビタミン D は脂溶性で、カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
不足すると骨軟化症や骨粗鬆症になりやすいので、丈夫な体をキープしたい方、是非日常の食生活の摂ることと1日に15~20分程度で日光を浴びましょう。

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less+5more

帰るわ。あの日の青春肌に

Anneでした 😎 

ローソンで見つけたバナナが美味しすぎる!vol. 2

バナナ

ヒト幹細胞培養上清液を主力に、真のインナーケア(再生力)に着目し、
あなたに必要な美と健康をお届けするLadyLuck7のjeyです。

LAWSONで見つけたバナナが美味しすぎる! Vol.2 ってことで、
今日はローソンで買える田辺農園のこだわりバナナが色々と最強すぎる件をお届けします(笑)

田辺農園のこだわり

「エクアドルで日本人が作った田辺農園バナナ」は広島出身の田辺正裕さんが経営している輸出大国の南米エクアドルで循環型農法を採用作っているバナナだそうです。

味へのこだわりはもちろんの事、消費者の健康にも配慮したや安全品質、更には環境保全にも配慮した農場運営を行っています。

田辺農園のバナナの深い甘さを育む標高約300mの高地に広がる350ヘクタールの土は、出荷できなかったバナナや葉などを利用した有機質肥料によって作られました。

また、近隣の牧場などから出る鶏糞や牛糞も発酵肥料として利用しています。

土作りからこだわって、化学肥料は一切使われていない!そうです。

バナナを洗浄する際には汲み上げた井戸水を活性炭でろ過し、オゾン殺菌処理した浄水を利用。
オゾン殺菌後はそのまま真空パックで輸出されるのでポストハーベスト農薬(※1)の問題もなく、安心・安全に食べられます

【ポストハーベスト農薬の問題】

簡単に言うと収穫(ハーベスト)された後(ポスト)に、収穫物である果物や穀物、野菜に散布する農薬のことです。

遠い外国から時間をかけて運ばれる輸出農産物は、その運送時間が長くかかるほど、運搬中に発生する害虫やカビによって品質を悪くして商品価値を下げてしまう危険性があり、また、万一カビが発生したものを口にした消費者が食中毒などを起こしたら大変な問題にもなります。それらを防ぐために使われるのがポストハーベスト農薬というわけです。

ならば、きちんと使用が認められた薬を使っているから大丈夫なんじゃないの?」そんなふうに思う人も多いのではないでしょうか。

ところが・・・
・ポストハーベスト農薬は通常畑で使われる農薬の100〜数百倍濃い濃度で使われている。

・農薬は表面に付着するだけではなく、皮の中にまで浸透する危険性がある。(洗い落としきれない)

・使われる農薬の中には、発がん性や催奇形性が疑われる薬剤も存在する。

催奇形性や発がん性が指摘されているものもあり、国内品に関しては名目上禁止されています。
外国産のバナナはポストハーベスト農薬がよく使われる作物なので、品質には注意が必要なのです。

LAWSON以外で買えるお店・・・?

いつでも田辺農園のバナナが食べたい!!
田辺農園はANAグループが独占販売しているので、ANAグループと契約している小売店で購入する事ができます。

確認できている販売店

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • 成城石井・・・(京王ストアで見かけたって情報も・・・)

他にもまだあるかもしれないですね。
参考価格として、ローソンで1本あたり税抜き100円で販売中。ちなみに成城石井では1本税抜き 150円でした。

消費者の安全だけでなく環境にも配慮した田辺農園のバナナ、これからも是非応援していきたいですね。

痛まないようにフサの付け根をコーティング

バナナ一房

追熟すること3日。めっちゃ香りがし、濃厚な味と食感に!

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その②~

皆様こんにちわ♪

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです☆

今回は前回のつづき、東洋医学でよく出てくる「気・血・水」についての内容です♪

そもそも東洋医学ってなんだ?という方はまずこちらの記事を読んでみてね☆👇👇👇

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その①~

 

「気・血・水」はどういったものなのか

「気」について

イライラするのは「気滞(きたい)」しているから?!

「気」がスムーズに流れていると、健康な状態ですが、逆に「気」が流れずに滞ってしまうと、「気滞」という状態となり、上手く発散をしてあげないとオーバーヒート状態となり落ち着きがない、イライラする、寝る直前まで脳が活性化し寝つきが悪く、寝不足に陥ることなどの現象が起きます。まさに「気が立っている」状態です。

なんだか最近落ち込みやすいのは「気虚(ききょ)」状態だから?!

「気」が体内から不足してしまうと、「気虚」という状況となりネガティブに考えたり、無気力、やる気もなにも沸いてこなくなってしまいます。また、低体温や新陳代謝が低下し太りやすくなり、免疫力の低下へと繋がります。見た目もどんどん劣化することから、誰にも会いたくなくなり、家に籠りがちになり、ネガティブ思考に陥る悪循環が始まる可能性も大いに考えられます。さらに、この「気」はストレスの多い現代に生きる私たちに、不足しがちだともいわれています。

 

「血」について

 

ドロドロ血液は「於血(おけつ)」?!

普段の蓄積されたストレス、疲れ、暴飲暴食、運動不足、寝不足といった不摂生で作り上げられた体は老廃物を排泄出来ない汚れた体質に成り代わってしまっています。この血液が汚れてドロドロの血液になる状態を「於血」と東洋医学界では表現します。

 

顔だけじゃなく全身カサカサで貧血体質は「血虚(けっきょ)」?!

疲れ、ストレス、冷えなどから来る新陳代謝の低下で体が常にエネルギー不足状態。栄養を各内臓機能に届けてくれる「血」自体が不足しているため、栄養を取り入れ老廃物を流し出す働きが低下してしまいがちに・・・。血行不良のため体力低下も起き虚弱体質なタイプに方に多いです。

 

「水」について

血液以外の体内にある水分のことで、体液、リンパ液、涙、尿、汗などを指し、消化や排泄作用に影響を及ぼします。臓器をスムーズに働かせるための潤滑油のような作用もあります。

 

水が体内に滞ると「水毒(すいどく)」状態に・・・

「水」が体内を巡らず滞ってしまうと、代謝が悪くなって体内に不必要な水分が溜まってしまいます。その結果、むくんだり、手足や内臓が冷えたり、気だるくなったりしてしまいます。セルライトが多く蓄積したタイプはまさにこれに当てはまります。

 

逆に水が体内で不足してしまうと「陰虚(いんきょ)」状態となる

逆に体内に水が不足し乾くと体内に必要な水分がないために各機能が誤作動を起こします。体内に熱が発生し手足は火照りますが、上半身はのぼせやすい症状が出ます。更年期の症状はまさにこの体質に当てはまります。水分不足のため常に体全体が乾いた状態になりがちです。お肌がカサカサ、小じわが目立つ、髪もパサパサ状態であれば「陰虚」状態になっているかもしれません。

 

まとめ

これらの「気・血・水」が不足なくスムーズに体内を巡っているのがベストな状態です。どれかひとつでも支障が生じていたら、「なんだか調子が悪い」という不健康状態に陥ってしまいます((+_+))

私たちの体は普段何気ないところでストレスを溜め込み、無意識な頑張りや無理が蓄積されて身体は上記のような「SOS」のサインを出していることが多々あります。

一度じっくりご自分の身体と向き合い、しっかり休ませてあげることが、健康美容への近道だと思っています。

 

次回はこの「気・血・水」の働きとお肌の密接な関係に関してのお話をしていきたいと思います♪👇👇👇

東洋医学からみるお肌と血液・リンパ・自律神経~その③~

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪