皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のAnneです 🙂

最近LadyLuck7の仲間入りをしました、宜しくお願い致します。

 

初めまして、台湾人のAnneと申します。来日してもうすぐ五年目になります。台湾の大学院で心理学専攻です。これからは美容、健康を含めて、台湾の名物紹介、色んな心理知識も紹介していきたいと思っております。宜しくお願い致します。

 

6月になり、世界でコロナウイルスの流行はまだ数週間から数か月続く可能性があります。「コロナ疲れ」を防ぐため、私たちには「心の休憩時間」を設けることが大切です。自然と太陽光を浴びて、充分の運動をして、栄養、水分を補給してください。

ここで、イギリスで「不安症」などに関する研究を機関が発表した、対応を一部ご紹介します!

 

不安感を対処するために、「イギリス不安症学会」(Anxiety UK)は下記の内容を実践することをお勧めしています。

※私なりにわかりやすく内容を改変してますので、元の文章とは多少表現が異なります。

 

意識

例えば目に見えないウィルスの恐怖や経済破綻から来る先行きが不透明となっていることからくる、不安などの「不確実性」という感覚をまず意識することです。

一時停止

いつものように過敏に反応せず、いちいち応答しないこと。そしてゆっくり呼吸しましょう。

ゆっくり呼吸しましょう。

一歩下がり落ち着こう

この感情はただ根拠も無い不安感から来る心配によるものであり、必要ないということを自覚してください。これは単なる「アイデア」または目に視えていない「感じていること」です。すべての考えをいちいち信じてはいけません。その考えは事実ではありません。

手放す

その都度浮かんでくる考えや感情に対応する必要はありません。泡のように、または雲の中に浮かんでいると想像してください。

→要するに「なすがまま、流れに身を任せましょう」ということです。

集中しよう

現在の瞬間を探索または集中してみましょう。自分の呼吸の感覚に集中し、足下に集中し、周りを見渡し、触ったり、匂いを感じたりすることに集中してください。次に、他のことに注意を向けることです。集中する必要のあるもの、または心配する前に何をしているか、または他のことをやって、全身全力に集中してください。

 

もし最近心の悩みから来る浮き沈みに疲れてしまったら、上記の内容を実践してみてください。

こんな時期だからこそ、健康に一緒に頑張りましょう。

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

Anneでした 🙂