ヒト幹細胞培養上清液

イメージが良くない界面活性剤って実際どうなの? その2

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

本日は前回のつづき、「界面活性剤」についてスポットを充てていきます♪

「界面活性剤」と聞くと、石鹸やシャンプーに入ってるイメージがまず浮かびますが、実は私たちの体内に既に存在しており、口に入れる食品にも多く混入しています♪

 

身近な天然の界面活性剤のおはなし

界面活性剤は、以外にも私たちの身近なところで存在しています。

例えば、酢・卵黄・油から作られる「マヨネーズ」です。

酢と油だけでは混ざり合いませんが、卵黄に含まれる「卵黄レシチン」が界面活性剤の働きをすることで、分離することなく、マヨネーズを生み出します。

 

 

 

また、私たちが生まれて初めて口にする「母乳」ですが、赤ちゃんの成長に必要な水分と脂質を無理なく一緒に吸収できるよう、母乳は「カゼイン」という界面活性剤で乳化されているのです。

 

他にも、牛乳やバター、アイスクリームなどは、天然の界面活性剤で混ざり合っています。

界面活性剤の代表的な4つの働き

 

洗浄する働き・・・

毛髪や体に付着した皮脂やメイクなどの脂汚れの周りに、界面活性剤が親油基(油に馴染みやすい)の側を汚れに向けて包み込むようにして汚れを剥がします。

 

乳化する働き・・・

水と油をかき混ぜると、一見混ざり合っているように見えますが、放っておくとすぐに分離してしまいます。

すぐに分離せず、長時間、均一に混ざり合った状態を保つようにするのが乳化です。

 

分散の働き・・・

形態が違うもの同士が沈殿を起こさず、均一に混ざり合った状態にすることを「分散」といいます。

例えば、粉末のココア!液体の牛乳の中に入れると、粉末が底に沈むことや、表面に浮き上がってくる状態があります。これが均一に混ざり合うのが分散の働きです。

 

 

湿潤の働き・・・

私たちの皮膚ように、水をはじく性質を持った個体の表面を、水分が馴染みやすくする働きを指します。

 

 

 

 

以上、身近な界面活性剤と4つの働きについてお話しました♪

次回は界面活性剤の種類についてのお話していきます♪

 

 

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

 

【嫌われ者?】イメージが良くない界面活性剤

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

近年、「オーガニック化粧品」や「無添加化粧品」などいった種類のコスメが流行となり、それと同時に、今まで何の疑問持たずに使っていた化粧品成分に対して敏感になっている傾向が散見されます。

売り文句になった「○○フリー」
「アルコールフリー」や「防腐剤フリー」などといった、「○○フリー」を謳い、「お肌に負担が発生する成分は入っていませんよ」というのがアピールの一つになっています。
その中で、「○○フリー」の部類に入りつつある、つまりは煙たがられてしまっている成分の一つに、「界面活性剤」というものがあります。

敏感な方は何度か見たり、耳にしたりしているのではないでしょうか。

そんなマイナスイメージを持たれつつある界面活性剤は、実際どのようなものなのでしょうか。

 

そもそも界面活性剤ってなに?

「界面」とは、物体の境目のことを指します。

「水と油」のように、性質が合わず、しっかり調和せず仲が悪いため、一つの容器に二つを入れると、混ざり合わずに境目が出来てしまいます。これが「界面」です。

 

しかし、乳液やクリームのように、水分と油分を両方使ってつくる化粧品は、これがきれいに混ざり合った状態にしなくてなりません。そこで登場するのが、界面活性剤です。

界面活性剤は、水を引き寄せる性質と、油を引き寄せる性質を併せ持っています。

そのため、水と油が入った容器に界面活性剤を入れると、仲が悪かった水と油は、界面活性剤のチカラにより、引き寄せられ混ざり合います。

 

界面活性剤を使って「乳化」させる

「界面」を活性化して混ざり合わせるこの現象を「乳化」といいます。

透明な水と油が乳化すると白濁します。また、透明の液体同士でも乳化させると液体はクリーム色になります。

これは粒子が細かく砕かれ、光が反射され、その光が透過しないために起こります。

 

 

 

「乳化」させることにより、肌触りが良くなる

油だけではベタつき感が残りますが、乳化することによりサッパリとしたテクスチャーの化粧品に改善できます。
このことから、界面活性剤は化粧品を作る上で欠かせない存在だとわかります。

 

 

 

 

 

 

次回も引き続き、界面活性剤についてのお話をしていきます♪

 

 

 

 

 

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

 

そもそも、幹細胞って何?

皆さんこんにちは!

初めて投稿させて頂きます。

 

真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLady Luck7の黒一点(笑)・男性スタッフのとっきーです!

 

さて以前、当弊社ブログのメインライターでもあるスタッフのまゆまゆがこちらの記事で「ヒト幹細胞培養上清液」について書いてくれていたと思います。

 

《参考記事はコチラ!》

幹細胞培養上清液の種類

 

しかしおそらくこのサイト、ブログにご来訪頂いている皆さまの中には、

 

「そもそも幹細胞って何なのよ?」

 

という方もまだまだ多いのではないかと思いますので、私からはもっと初歩的なことをお伝えしたいと思います。

 

最近よく聞く「幹細胞」って?

最近特にこの言葉を、TVや新聞・雑誌、インターネットで見かけない日がなくなってきましたよね。

そもそもこれがいったいどういうものなのか、キチンと理解している方が意外に少ない、というのがまだまだ現状だったりします。

 

ヒトの身体は、成人で約60兆個の細胞から形成されているわけですが、例えば目であれば目の機能を実現する細胞、足であれば足の機能を持つ細胞、と役割が決まっていますよね。

 

その一方で、特に若い個体であればあるほどその数が多いのですが、生物として急成長を遂げる中で「細胞分裂の段階では役割が決まっておらず、やがてどのような役割を持つ細胞にもなり得る細胞」というものが存在するのです。

 

一番分かりやすい例を言えば、大元はヒトの遺伝子を持つ受精卵が細胞分裂を始め、繰り返していく中で様々な細胞の素が出来上がっていくワケなのですが、この「やがてどのような役割を持つ細胞にもなり得る」という機能を持った細胞こそが、我々の根幹をなす細胞ということで『幹細胞(Stem-Cell)』と呼ばれているのです。

 

かの有名な「iPS細胞」は人工的に作られた幹細胞の一種です。

 

幹細胞が持っている2つの能力

厳密に言うと幹細胞は、「自身と全く同じ能力を持つ細胞」と、「血液や皮膚など、特定の機能を持った細胞」とに分裂していきます。

 

これを繰り返すことで細胞そのものの数を増やし、特定機能をもつ細胞の量と割合が拡大していくことによって、肉体を成長させていきます。

 

このような原理となっているため、若い個体ほど幹細胞の数や比率が多いんですね。

 

そのため、分裂や再生の力も強いことから、医療ベースで使われる幹細胞のドナーも20代や30代くらいまでの個体から採取することが多くなっています。

 

さらに細かい幹細胞の種類や、培養液についての解説は前述のまゆまゆの記事に譲るとします♪

 

今回はだいぶ長くなりましたので、幹細胞の基礎知識に関してのお話はこのくらいにさせて頂きます。

 

また随時、幹細胞について皆さんに知って頂きたいことをどんどん綴って行きたいと思いますので、今後共どうぞよろしくお願いしますね!!