コロナウィルス

コロナの自粛が緩やかになりつつある中で

皆様こんにちは(#^.^#)

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです♪

GWも明け、5/11から仕事は再開された企業も多々あるのではないでしょうか。

昨日このようなニュースが出ました。

「都内で新たに28人感染 7日連続40人下回る」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200512/k10012426811000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 

こういったニュースや、東京都以外で近々に緊急事態宣言解除となる県が出てくるようですが、

個人的には気の緩みから海外のような「第二波」が来ることがあるのではないかと不安に思います。

それに、感染者が減少した理由は緊急事態宣言から自粛を心掛け、個人も企業も共に感染拡大防止に協力した結果が招いた功績だと思っています。

この自粛規制が解除されれば、これまで人々の自粛による鬱憤や、テレワーク解除などにより、かなりの人々が以前のように行き交いする状況に戻り、第二波が来ると予測しています。

本日28歳の若い力士が新型コロナウィルスで亡くなったニュースが流れましたが、改めて年齢問わずこのウィルスは死をもたらす恐怖の感染症だと思い知らされました。

 

是非テレワークで切り盛りできるような企業はアフターコロナに備えて、Googleのように無期限のテレワークを導入したり、三密を防ぐ対策をするためシフトで密集させないようにするなど、社員、社員の家族の命を守る行動を思い切って継続、決断していただきたいと切に願います。

社員が万が一コロナに感染し、亡くなってしまった場合は責任を負えるような企業は皆無だと思ってます。

なので思い切ってテレワークにしたりしているのだと思います。

また、個人も引き続き辛いかもしれませんが自粛生活を継続された方がいいと思います。

死んでしまったり、感染して大切な家族に移してしまうことより辛いことは無いと思います。

飲食店や公共機関などが私たちの自粛生活をサポートするような取り組みを沢山取り入れてくれています。

そのサポートを無駄にしないためにも、一人一人が、自分は勿論、誰かの命を守っているんだ、という思いで行動をするだけおのずとするべき行動が見えてくると思います。

私たちはヒト幹細胞培養液を通して、常に健康を意識し、その先に美意識だったりが待っていると考えています。

まずは心も体も健康であることが何よりも大切だと思います。

 

~そして一刻も早くワクチンが開発され、この不安と隣り合わせな環境から全ての人たちが解放されることを願っています~

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスで意識しておくこと

皆様こんにちわ♪

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のまゆまゆです☆

今日は連日連夜、報道されている「新型コロナウィルス」に対する意識付けについて書き記していこうと思います♪

これだけ騒いでいるけど何が問題なの?

それは

「潜伏期間が長く感染者を避けられない」「感染力が強くなりつつある」「感染時の致死率が高い」といった特長を

新型コロナウイルスが持っていることです。

現在の致死率のまま感染者が激増すると、数万人~数百万人が死亡してもおかしくない、21世紀最初の大規模災害に発展する恐れすらあります。

1月23日時点でWHO(世界保健機関)が発表している「致死率3~4%」という数字に対して、SARS(9.6%)・MERS(35%)・エボラ(80~90%)よりは「致死率」が低いのに・・・?

一方、今流行のピーク中である「季節性・普通のインフルエンザ」については、毎年国内で1,000万人程度が感染し、うち1万人程度が死亡していると推計されており、前述の致死率に直せば「0.1%」という数字です。この数字に対して「致死率3~4%」という数字は極めて大きい数字であると言えます。

そして先日「ヒトヒト感染」というワードが取り上げられました。

ポイントは「感染力の強さ」

そこから付随して「飛沫核(ひまつかく)感染」「空気感染」です。また「患者の接触歴が追えているかどうか」がキーワードになっていきます。

現在は「※飛沫(ひまつ)感染」をしていると報道されています。※「飛沫」とは咳やくしゃみで口・鼻から飛び出した、水分とウイルスを含む粒子のことです。

飛沫であればドラッグストアなどで売っている「普通の高性能マスク」でもある程度ブロックすることができ、また飛距離も数メートルのため、まだ感染者が低い現状については、「濃厚接触」をしなければすぐに感染が広がることはありません。

しかし「空気感染(飛沫核感染)」するようになると、ウイルスは屋内を何メートルもふわふわ移動することができるようになりますで、感染者は爆発的に増大します。空気感染までいくとマスクは意味を無くします。対策方法は武漢で行っているような、外出禁止令を発動しないといけないレベルとなります((+_+))

ニュースで

といった報道が出だしたらいよいよマズいそうです!

 

今報道で言われている患者の行動や感染者数が全く報道されなくなったら・・・

 

パンデミックが起こり、感染者を追えない「感染期」に突入した状態では、死者を減らすための対策に力が注がれます。

状況が深刻な場合は「緊急事態宣言」が出されて、学校の閉鎖、集会の自粛、外出の自粛といったうながしがなされます。

 

今後収束するまで目が離せない、新型コロナウィルスに関する記事でした。

※2020新型コロナウイルスによる新型肺炎の状況は日ごとに変化しています。今回の情報は1/30までの情報を元に記しています☆

※こちらの記事は「備える.jp備え・防災は日本のライフスタイル」を引用元として書かせていただきました。

 

ヒト幹細胞エキスで7less肌+5more肌

-帰るわ。あの日の青春肌に-

まゆまゆでした♪