【インナーケア】日光のチカラで骨と歯の健康を作るビタミンD

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様こんにちは

ヒト幹細胞培養上清液で真のインナーケア(再生力)に着目し、皆さまが必要としている美と健康をお届けするLadyLuck7のAnneです 😎

前日弊社のまゆまゆから【紫外線対策】老化現象の原因は紫外線にあったという投稿で、紫外線は皮膚に害を与えてしまうことがありますが、ビタミンDを生成する役割や殺菌効果もあることが分かりました。

今回は大切な骨と歯の健康を保ってくれるビタミンDを紹介させて頂きたいと思います。

 

ビタミンDとは

ビタミンDは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。食べ物から摂る紫外線を浴びることによって私たちの肌でも作られるビタミンです。

 

一日の目安は

一日中の摂取推奨量に関して、15歳以上の男性と女性両方とも5.5µgです。
大体100グラムのしらす干しに含まれています。

 

ビタミンDの役割

ビタミンDは小腸でカルシウムとリンの吸収を促進し、血液中のカルシウム濃度を高くします。
それで、カルシウムが骨や歯に付着し、骨や歯が形成されます。
いくらカルシウムを摂取しても、ビタミンDが不足している場合は体内への吸収率が下がります。

カルシウムは筋肉の収縮や神経伝達に重要な役目ですが、体内の正常に機能するには 血液中のカルシウム濃度を維持することが必要です。
⇒⇒そのバランスを維持してくれるのがビタミンDです。

 

ビタミンDが不足してしまうと・・・

成人の場合は骨量が減り、骨軟化症や骨粗鬆症になります。
特に 妊婦や高齢者は欠乏に注意が必要です。
成長期の子供ではくる病という病気を起こす原因になります。

骨粗鬆症に気を付けてね

骨粗鬆症に気を付けてね!

 

紫外線をどれくらい浴びればいいのか

ビタミンDを摂るためには、1日に15~20分程度、外で散歩した方が良いといわれます。
肌に日焼け止めを塗らず、素肌のままにしましょう。どうしても日焼けが嫌なら、手のひらだけでも効果があります。 

外出ができなかったら、室内でも構いません。注意ポイントは窓ガラスは合成に必要な紫外線を通さないので、室内で日光に当たる場合は、必ず窓を開けてください。

窓を開けましょう!

窓を開けましょう!

 

どんな食品に多く含まれているのか

動物性食品ではサバやまぐろなどの魚に含まれています。
特にいわし、さんま、鮭などには豊富です。植物性食品ではきのこ類に豊富に含まれています。

まだ、カルシウムとビタミンDを同時に摂ることでカルシウムの吸収率が上がり、骨を強くするので、調理する時は乳製品などカルシウムが豊富な食品と組み合わせるのがお勧めです。

 

まとめ

ビタミン D は脂溶性で、カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
不足すると骨軟化症や骨粗鬆症になりやすいので、丈夫な体をキープしたい方、是非日常の食生活の摂ることと1日に15~20分程度で日光を浴びましょう。

 

 

ヒト幹細胞エキスで7less+5more

帰るわ。あの日の青春肌に

Anneでした 😎 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*